読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医療の「翻訳家」を目指して

医療ジャーナリスト 市川衛です。医療・健康の難しい話を、もっとやさしく、もっと深く。

「社会保障費の増大」みたいな他人事を、どうしたら「自分ごと」にできるのでしょうか

地道に続けている連載の、最新号が発行されました。 今回は自分自身、本当に悩んだ内容でした。 社会保障費の増大のなかで、根本的に医療福祉のシステムを変えざるを得なくなる時代がくるのは避けようがありません。 だとすると、それを「誰かのせい」と思っ…

ウソや誇張なしに、シェアされる方法とは

去年3月からネット上での情報発信を細々と始めさせていただき、おかげさまで少しずつシェアでの閲覧数が増えてきました。 迷い迷いながら書いている記事を、優しくシェアしてくださる方がいることは有難い…。と、いつも心から感謝しております。 同じ媒体で…

「認知症になると、人格は消えるのか?」自分なりに考えたこと

認知症になると、人格は消えてしまうのでしょうか? たとえば認知症の原因となる病のひとつ「アルツハイマー病」になると、記憶力が低下してしまいます。場合によっては、配偶者や子どもなどの親しい家族の顔を見ても、その名前がわからなくなってしまうこと…

今年、どんな医療健康記事が読まれたか?振り返ってみました。

2016年も、もうすぐ終わりですね。今年からYahoo!個人のオーサーに加えていただき、自分の専門性である医療・健康系に関して30本余りの記事を書きました。 ほとんど読まれなかったものもあれば、有難いことに大きな反響をいただいたものもあります。年間通し…

医療健康コンテンツ 質を高めるためにはどうしたら良いのか?

いま、Welqの事件をきっかけに、ネットにおける医療健康コンテンツの質が問題視されています。 では具体的に、質を高めるために何が必要とされているのでしょうか? よく言われるのは、「医師など専門職の監修をつければよい」という意見です。 でも下記ブロ…

Welqさんのこととか、いま起きている色々なことを一過性にしないために

まさか、と思うほどに、ここ1週間で話題になってしまいました。 医療・健康系の、あのキュレーションメディアのこと。 記事の引用と盗用のギリギリを組織的に狙ったこととか、監修がついていなかったことなど、既に指摘されている問題点はまさにその通りだ…

「高齢ドライバーの事故は20代より少ない」への反響から

一昨日Yahoo!Japanにアップした記事が、思いのほか多くの反響をいただきました。 ちなみに、記事はこちら。 22日夜の時点で、FBで10000シェアを超えています。過去最高・・・ bylines.news.yahoo.co.jp いま高齢ドライバーの事故が多く報道されています。 …

信頼できる医療情報を手に入れるためにするべきことは?

前回の記事で、医療ジャーナリストがどうやって記事を書いているのかを検討した研究について紹介しました mamoruichikawa.hatenablog.com では、「オマエはどうやって医療情報を吟味しているのか?」ということを聞かれた場合に答えられるように、と自問自答…

医療ジャーナリストはどのように記事を書くのか?

いわゆる「医療ジャーナリスト」と呼ばれる人は、どのように記事を書いているのか?それを検討した論文がありました。 How do medical journalists treat cancer-related issues?. ecancermedicalscience - The open access journal from the European Insti…

所属団体

下記の団体に所属しています 国際医療福祉大学大学院医療福祉ジャーナリズム分野(博士課程) 医学ジャーナリスト協会(正会員) メディアドクター研究会(正会員) メディカルジャーナリズム勉強会(主催) 医療ビッグデータ勉強会(主催) ONA Japa…

講演・研究【学会発表・論文】

2012年 【司会】脳科学研究戦略推進プログラム ワークショップ【報告書】 ブレイン・マシン・インターフェースの実用化に向けて-利用者・市民の立場から 2013年 【口演】第5回日本ヘルスコミュニケーション学会【プログラム】 医療報道の質の向上を目指す…

講演・研究【一般向け講演】

【一般の方むけ】 がん検診、糖尿病予防、脳科学などをテーマとした講演 【高校生向け】 都立小山台高校 進路指導講演 (2006年~現在)

講演・研究【大学での講義】

下記の大学・大学院で ヘルスコミュニケーションをテーマとした教育活動を行っています。 京都大学大学院医学系研究科(非常勤講師) 東京大学大学院医学系研究科・ 医療コミュニケーション学(学外協力者) www.umin.ac.jp

書籍

いくつか書籍を執筆しました。良かったら見てやってください NHKスペシャル 脳がよみがえる 脳卒中・リハビリ革命 (2011/9/4) 誤解だらけの認知症 ~よくなる! ラクになる! 治療・介護・予防の最新常識 (2012/7/27) NHKクローズアップ現代 糖尿病の治療革命(2…

【執筆記事】雑誌連載など

富士ゼロックス広報誌「GRAPHICATION 」 コーナー連載をさせていただいています。 「Medical Edge~医療の常識が変わる~」 ※電子書籍です。閲覧方法はこちら

【執筆記事】Yahoo!Japan個人

Yahoo!Japanさんに記事を書かせていただいています。 読んでくださると、本当に嬉しいです。 bylines.news.yahoo.co.jp

Contact

読み込んでいます...

制作番組(テレビ)

ディレクターとして制作した主な番組です。内容は取材当時の知見に基づいていますので、情報が古くなっているものもあります。 【目次】 NHKスペシャル ためしてガッテン(2016年度より「ガッテン!」) クローズアップ現代 あさイチ NHKスペシャル 脳…

市川衛 Mamoru Ichikawa

医療ジャーナリスト/京都大学医学部非常勤講師 00年 東京大学医学部健康科学・看護学科卒業【HP】 同年 NHK(日本放送協会)入局 08年 東京大学医学部非常勤講師 13年 国際医療福祉大学医療福祉ジャーナリズム分野博士課程 15年 京都大学医学系大学院非…