医療の「翻訳家」を目指して

医療ジャーナリスト 市川衛です。医療・健康の難しい話を、もっとやさしく、もっと深く。

医療×IT 医療ITは”患者体験”を変えるのか?

f:id:mam1kawa:20170826202317j:plain

やばい1か月も更新していなかった・・・。

 

空気調和・衛生工学会誌に寄稿しました。なじみのないかたが多いかもしれませんが、会員数15000人超で工学系としては日本で10の指に入る規模の学会です。(空調設備の「空調」って、空気調和の略だったんですね。それを知れてなんだか得した気分になりました)
なんと100周年記念誌の特集ということで、本当にわたしで良いのか…と思いましたが何事も挑戦。

 

「医療×IT」というお題をいただいたので『ビッグデータやAIなど最近注目されてるけど、「患者サービス(患者体験)の向上」という本来の目的を忘れないことが大事』というようなことを書いております。スミマセンえらそうで。

f:id:mam1kawa:20170826202341j:plain

ザルツブルグでインタビューした、パーキンソン病の当事者のサラ・リガルさんのことも報告できてよかった。どれだけ多くの人が読んでくれるかはわかりませんが、「これは広めるべきアイデアだ」と思ったことを活字の形で遺せるのは本当に有難く、うれしいことです。機会を与えてくれたみなさまに、感謝です。

 
ここ数年、できるだけ学会誌への寄稿や学会発表をするようにしています。正直、お金にも業績にもならないし、なんでメディアの人間が?と奇異の目で見られることもあるけど、こんな変なヤツがいることで、「メディアの人間」に対する固定観念や、取材者・取材対象者の関係性がちょっとでもよりよく変わればいいなとほんのり思ってます。。。

 

もしご興味持っていただけた方がいたら原稿PDFお送りしますので問い合わせフォームからご連絡くださいませ(^^)

 

ツイッターやっとります。よかったらフォローくださいー

twitter.com