医療の「翻訳家」を目指して【市川衛】

医療・健康の難しい話を、もっとやさしく、もっと深く。

新型コロナウイルスと共存する時代のコンテンツ作り

新型コロナウイルスと共存する新しい時代のコンテンツ作り

f:id:mam1kawa:20200523224413p:plain



出来る範囲で、こつこつと進めています
昨日は事務局やっているONAJapanで専門家会議の武藤香織さんをお呼びして新型コロナ関連ZOOMウェビナー。メディア関係者中心に130人以上の人にお集まりいただきました。

f:id:mam1kawa:20200523224843p:plain


リアルイベントだと東京でやれば東京の人しか来れないけど、オンラインなら日本全国はもちろんNYやロンドン、カイロにデリーからも応募者があり、人脈作りもできて「あれ?これリアルよりいい部分いろいろあるかも?」とか思った次第です。


ウェビナーのホストは、アンケートやQAのウィンドウを複数確認しつつ登壇者に質問をしていくのでリアルイベントより負荷はかかるけど、事前の準備は少ないのでノウハウさえ蓄積できれば気軽にできるなあと感じます。

考えると、今後の学会や大学の講義において、こうしたスキルが必須になっていくでしょう。コロナの感染状況の推移とはまた別に、今後オンライン化が進んでいくのはもう止めようがないのかもしれません。


学会でわざわざ出張しなくなったり、東大に行くのに東京に引っ越す必要は無くなったりする時代は、すぐそこに来ている。コロナさえ耐えきれば、というのではない大きな転換点がきているのを実感します。

 

 

そして本業でも、この夏に向けて「戦争体験の伝承」の新しい形をVR空間で議論しあうワークショップという、なんだかもうどこへ行くのアナタ?というコンテンツの開発を進めています。後日、番組などの形でみなさまのところへ届けます。

 

最近、コロナのせいで夏の平和学習(沖縄・広島など)に行けない、というお声を聴きます。せっかくの機会を奪われる学生さんたちにとっても、戦争体験を伝えようと取り組み続ける人たちにとっても深刻なことです。

 

そもそも戦後75年を超えて、戦争体験の当事者のかたが少なくなり、若い人の興味が薄れるなど、戦争体験の伝承はいろいろな意味で岐路に差し掛かりつつある部分もあるのかもしれません。

 

だからこそ、制約を逆手にとって、より興味を持って「感じられる」新しい体験を作れたらいいなあと思います。もちろんこれまでの伝承も大事。だけど新しい伝え方も、必要になる。そのために仮想現実はきっと役立つはずなのだ。もちろんオンライン会議も役立つはずなのだ。

 

僕にできることは少しでしかないけど、いま一歩踏み出して新しい「伝える」形を作れれば、どうにかしてコロナ前に「戻ろう」とするよりも、1mmでも前向きな動きにつながっていくはずなのだ。
自信ないけど。やっていくしかないのだ。

 

というわけで、わたしの仮想現実世界でのアバターも作っていただきました。仮想世界での市川も、リアル市川ともどもコツコツやっていきます。

f:id:mam1kawa:20200523224413p:plain

ーー
キャンペーンの第1弾は、VR(仮想現実)空間でのオンラインワークショップの開催。 全国各地の“すずさん”を発掘しそれぞれの地域で伝えるため、各地の新聞社や博物館、 教育関係者など様々な方たちと「新しい戦争伝承」の可能性についてディスカッションします。後日、放送やHPでその様子をお届けするのでお楽しみに!

www.nhk.or.jp