医療の「翻訳家」を目指して【医療ジャーナリスト 市川衛】

医療・健康の難しい話を、もっとやさしく、もっと深く。

むずかしいことをやさしく、ふかく、まじめに、ゆかいに

台風のスキをついて、那覇で「睡眠負債」をテーマに講演してきました。

 

f:id:mam1kawa:20180804215224p:plain

 睡眠の大切さや、日々の生活がちょっと豊かになるTips、笑いも出て盛り上がってよかった。。。

 

終わって国際通りを歩いていたら、「お話聞きました!」とわざわざ声をかけてくれる人までいて、至福であります

 

偉そうに難しげなことをお話しすることも増えたけど、やっぱり自分が目指したいのは「むずかしいことをやさしく、ふかく、まじめに、ゆかいに」お伝えできるようになることなんだと改めて実感。

 

実現に動いてくださったみなさま、そして何より、聞いてくださったみなさまに心から感謝。このネタは身近だし汎用性があると思うので、これからも機会があればお話ししていきたい。。。

 

f:id:mam1kawa:20180804215453j:plain

f:id:mam1kawa:20180804215554j:plain

f:id:mam1kawa:20180804215634j:plain

 

 

「伝える」仕事の奇跡と責任について

f:id:mam1kawa:20180703233709j:plain

 

今日は以前、お仕事で取材させていただいた企業さんの技術展覧会にお邪魔してきました。

 

番組と記事でご紹介したことがきっかけになり、問い合わせが殺到したことで、展覧会が企画されたのだそうです。

 

会場には日本有数の大企業から、海外の企業まで1000人近いご担当者が参加されて、熱心に技術の説明に耳を傾けていらっしゃいました。まだ生まれたばかりの技術ですが、もしかすると日本はおろか世界に出ていき、社会を変えていくのかもしれない、と思わされる熱気が漂っていました。

 

「このアイデアは、世に広めるべきだ」

 

わたしは何も生み出さない、「伝える」だけの立場の人間ですが、そう心から思ったときに、奇跡のようなことが起きることがあるんですね。
(残念ながら、力及ばず失敗することのほうが多いのですけれど。。。)

 

またこういう奇跡のような瞬間に出会えたらいいな。

 

そのためにも、アイデアを生み育て来られた人たちと時間をかけて議論することや、どうすればその本質が伝えられるかを死ぬ気で考えるような、ついつい忘れてしまいがちな丁寧さを大切にしていけるようがんばろう

 

と深夜にエモい独りごと投稿申し訳ございません。

 

超音波で認知症を改善する?治験開始の新たな治療法の論文を読んでみた

f:id:mam1kawa:20180620173905j:plain

本日、こんなニュースが話題になりました。

 認知症、超音波で進行抑える 東北大が治験へ


 東北大学の下川宏明教授らは19日、超音波を使い認知症の進行を遅らせることを目指す医師主導の臨床試験(治験)を6月中にも始めると発表した。患者の頭部に超音波を当てて、原因となるたんぱく質がたまりにくくする。認知症を超音波で治療する治験は初めてという。

 治験は軽度の「アルツハイマー認知症」と、その前段階にあたる軽度認知障害の患者を対象にする。まず東北大病院で50~89歳の5人に対し、低い出力で超音波をあてて安全性を確認。その後40人規模に拡大し、1年半かけて効き目も確かめる。

  「超音波でアルツハイマー病治療」というのは恥ずかしながら初耳だったので、関連する論文がないか探して見ると、下記の論文が無料公開されていました。

Whole-brain low-intensity pulsed ultrasound therapy markedly improves cognitive dysfunctions in mouse models of dementia - Crucial roles of endothelial nitric oxide synthase.
Eguchi K et al. Brain Stimul. 2018 May 22. pii: S1935-861X(18)30159-1. 

ハイライトとしてまとめられていたのは次の5点

  1. 脳全体に低強度パルス超音波(LIPU:low-intensity pulsed ultrasound)を使った治療を行うことで、認知症の2種類(★)のモデルマウス(人為的に認知症のような状態を再現したマウス)において有効で、かつ安全上の問題がなかった。
  2. LIPUSは、血管性認知症のマウスモデルにおいて血管新生およびOPC発生を増強した。
  3. LIPUSは、アルツハイマー病のマウスモデルにおいて血管新生を増強し、Aβを減少させた。
  4. 血管内皮型一酸化窒素合成酵素(eNOS)は、2種類のモデルマウスにおけるLIPUSの有益な効果に重要な役割を果たしていると考えられる。
  5. 脳全体に対するLIPUS療法は、ヒトにおける認知症の新しい戦略である可能性がある。
★2種類・・・脳血管性認知症モデルと、アルツハイマー認知症モデル
 
低強度パルス超音波(LIPU:low-intensity pulsed ultrasound)とは
現在、診断などに用いられている超音波装置を使用。中心波長?= 1.875MHz; パルス繰返し周波数= 6.0kHz; サイクル数= 32(17-μsバースト長)、空間ピーク時間平均強度= 99mW / cm2
超音波ビームは、扇形のプローブから送達され、超音波を脳全体に適用するために9cmに集束された。 脳組織の各深さにおける超音波ビームの幅は、3.6〜4.0mmの範囲であった。
(注)このへん全く詳しくないので、単に直訳しただけです。。。

論文を斜め読みして印象に残ったこと

※LIPU治療をマウスに行ったところ、血流の改善や一部のグリア細胞の増加などが観察された
※しかしeNOS(血管内皮型一酸化窒素合成酵素)ノックアウトマウスでは効果は見られなかった
 つまりメカニズムとして、
LIPU照射→eNOSのアップレギュレート→血流の改善やグリア細胞の増加→認知機能の改善
という可能性が考えられるということか。eNOSはNOの産生を通じて血管内皮機能の改善に役立つことはよく知られているが、論文によれば、グリア細胞との関連や海馬における長期記憶との関連も指摘されているとのこと。それは初耳。面白い。特定の周波数の超音波をあてることが、なぜeNOSのアップレギュレートにつながるのかは知りたいなあ。もうすこし関連の論文も読んでみよう。

個人的な感想

 血流の改善は確かに脳内環境に良い影響が出る気がするし、超音波は薬剤に比べれば安価、ということで日本発の期待できる治療法になる可能性を感じる。
 ただ純粋な疑問として、eNOSがポイントだとすれば、単に「運動」するだけでも良いんでないか?ということ。実際に定期的な運動習慣に、認知症の予防効果がるとするエビデンスは蓄積している。脳血管のeNOSを選択的にアップレギュレートできることで効果が高いという意義や、何らかの事情で運動ができない人の助けになる、という意義があるということなのかな。。。 
 
 いずれにせよ、ユニークなメカニズムに着目して有望な実験結果を積み重ね、治験までたどり着いたことは素晴らしい。正直、有効性を示す結果が人間で出るかどうかは予断を許さない部分があるとは思いますが、真摯に研究を続けられる皆様に、敬服の意を表します。
 認知症を抱えたり、そのリスクが高い人の救いに1mmでもなりますように。
 
※勉強&忘備録のため読んだ論文をブログに書いていこうと思います。内容に誤りや誤解がございましたらぜひご指摘くださいませm(_ _)m

認知症を抱える方や周囲の方をささえるテクノロジーとは

f:id:mam1kawa:20180416231925j:plain

 

モデレーターを務めたHealth2.0のセッションを記事化していただきました。よかったらご一読くださいませ。

認知症を抱える方、ささえる方、それを包む社会全体に対して何ができるか、情熱をもって取り組まれている人たちと話し合えた時間、楽しかったなあ。

セッションをまとめる一言。いつも悩みます。
当たり前すぎる!と思われるかもしれませんが、率直に胸の中に生まれた印象を言葉にしました。

『サービスを作る際に、認知症の「症状」に最適化するのではなく、受ける方がそのサービスを使いたいと思うか、その人のお役に本当に立つのか?を考えていくことが大事だと感じました。』

healthtechplus.medpeer.co.jp

 

書籍発売のお知らせ

f:id:mam1kawa:20180331214149j:plain

 

お。。。もうアマゾンに出ていた!
4月13日、共著した新書が発売になります。
去年取材した「睡眠負債」の内容をまとめたものです。

 

「寝るって大事」


なんて誰でも知っているけれど、仕事や介護や子育てなど、眠れない「理由」を持っている方はたくさんいます。

 

だからこそ、つらい人を思いやったり、助け合うような空気が生まれることにちょっとでもお役に立てば。。。という思いでスタッフ一同がんばりました。

 

番組ではご紹介しきれなかったデータや研究成果を詰め込んでいます。良かったらお手に取ってみてください。

 

honto.jp

 

アマゾンのリンクはこちら

 

番組HPはこちら

www.nhk.or.jp

 

【お知らせ】1月の振り返り&2月出版&イベントのお知らせ

あれ!いつのまにか1月も末になってしまいました。

 

仕事で新しいプロジェクトが始まったり、

去年の振り返り記事がずっとトップなのもお恥ずかしい・・・、というわけで、1月執筆の記事や2月予定イベントのお知らせなどまとめておきます

1月に執筆した記事など

Yahoo!Japanニュース 寄稿記事

news.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp

「幸福」に関しては多くの反響をいただきました。

仮想通貨バブルや経済格差の拡大で「お金と幸せ」について改めて考えようと思う人が増えているのかもしれません。もしご興味があったら、去年執筆した次の記事も読んでみてください

news.yahoo.co.jp

2月の予定

今月は仕事で新プロジェクトが本格化したり、講演・研修が重なったりしたので余り記事などの発信ができませんでしたが、2月にはいくつか出版やイベントが予定されていますのでお知らせします

※出版

2月1日発行

【Gノート】 2018年2月号 Vol.5 No.1

「薬を飲めない、飲まない」問題

処方して終わり、じゃありません!

  • 矢吹 拓/編
  • 定価 2,500円+税
  •  
  • 2018年02月発行予定
  •  
  • B5判
  •  
  • 158ページ
  •  
  • ISBN 978-4-7581-2327-3
  • 販売状況: 注文可能(予約受付中)

f:id:mam1kawa:20180128121904p:plain

総合診療医向け雑誌「Gノート」で、産婦人科医の柴田綾子さんと共同執筆している連載です。第3回は「患者さんが治療に協力してくれない!」ご興味ある方は注文も可能ですのでよかったら!

※イベント

2月18日 

メディカルジャーナリズム勉強会イベント@Yahoo!Japanロッジ

peatix.com

※現在、満員御礼をいただいております。 

主催しておりますメディカルジャーナリズム勉強会の定期イベントです。

今回は、ウェブライターとして知らぬ者のない巨人・ヨッピーさんと、SEOの第一人者として知られる辻正浩さんをお招きして、去年のGoogle医療健康アップデートで何が起きたか、今後の医療健康情報発信に求められるものは?などを語り合います。

ちなみに、今回初めての取り組みとして「今日から君も発信者だ!」を実施。医療健康情報の発信者としていま注目される書き手から、少人数ワークショップの形で、情報発信のお悩みの相談や読まれる発信のポイントについて聞けるチャンスです!

 

 

 

2017年振り返り!「マジメなのにバズる」情報発信のコツとは?

f:id:mam1kawa:20171231115051j:plain

10月5日・グローバル専門家会合

今年もお世話になりました

2017年も、もう終わりですねー。

年の暮れ、今年のカレンダーを見返してみると、本当にいろいろあったなと感慨深いです。いくつか今年のトピックをまとめてみたので、よかったら読んでみてください。

 

1)「マジメなのにバズる」情報発信の方法とは

2016年から引き続いてのテーマとなりますが、今年も「内容はマジメなのにバズる」情報発信の方法とは何か?について試行錯誤した1年でした。

6月にNHKスペシャルで特集した「睡眠負債」が大きな反響をいただき、流行語大賞のトップ10に名を連ねたことは、ひとつの成功例といえると思っています。

流行語大賞ノミネートの「うつヌケ」「睡眠負債」「ワンオペ育児」って何? : スポーツ報知

睡眠不足が蓄積されて、心身に悪影響を及ぼすことを意味する。もともと欧米の研究者が提唱していたが、6月にNHKの報道番組で取り上げられて広まったとされる。睡眠不足を感じていなくても、わずかに足りない睡眠時間が積み重なることで、病気のリスクが高まるという。

 睡眠教育セミナーなどを開催している日本眠育普及協会の橋爪あき代表は「日本は世界一の短眠国家」と指摘。「今回のノミネートで、睡眠に無関心だった社会がやっと関心を持つきっかけになる」と評価した。

この番組では、ヤフーニュース特集さんに協力していただき、放送前日に記事を配信し、それがツイッターのトレンド化した直後に生放送でテレビ番組を出しました。

 

NHKとヤフーニュース、そしてツイッターという、リーチする年代が全く違う複数のメディアで情報が拡散したことが、「睡眠負債」というワードの認知につながったと考えています。

 

※もちろん、わたしの番組や記事が果たした役割はパズルのピースのひとつに過ぎませんし、睡眠負債というワードの強さや、働き方改革が叫ばれはじめた時期というタイミングの良さもかかわっていたと思います。

www.nhk.or.jp

news.yahoo.co.jp

 

もうひとつ、異なるメディア間で情報が出る「タイミング」が重要ということを感じさせる出来事が、6月に出した「注文をまちがえる料理店」の取材記事でした。

f:id:mam1kawa:20171231124549j:plain

9月の本イベントのときの様子

 

「注文をまちがえる料理店」について、ご存知のない方は、よかったら下記の記事を読んでみてください。

news.yahoo.co.jp

forbesjapan.com

記事を書いたきっかけは、関係者限定のプレオープンのお誘いを受けて訪ねたこと。

会場をつつむあったかな雰囲気に魅了され記事を書くことを決断。認知症を抱える当事者のかたの当日の「挑戦」の様子をまとめたところ、すぐにツイッターフェイスブックなどで想像を超える拡散が始まりました。

 

あれよあれよという間に、ツイッターでのトレンドワードに名を連ね、フェイスブックでのシェアは6万5千を超えました。端的に言って「バズった」わけです。

 

反響は国内にとどまらず、アメリカ・イギリス・ドイツ・オーストラリアなどのメディアから記事の翻訳や、利用した写真の借用を求めるメッセージがFB経由で文字通り殺到しました。下記に、海外の記事の一例を挙げてみます。

metro.co.uk

www.sbs.com.au

どうしてここまでバズったのか?

 

もちろん取り組みそのもののコンセプトや内容が、文化や人種の壁を越えて広く共感を持って受け入れられたことが最大のポイントであることは間違いありません。

そして手前味噌ですが、記事を書く際に写真を多用し、読者が「自分も一緒に体験している」風に感じられるように意識したこともポイントではなかったかと思います。

 

ただその後、いろいろな人と議論した結果としても、「奇跡的なタイミング」がひとつの要素としてあったことは否定できないのかなと思っています。

上記の工藤瑞穂さんのツイートは、注文をまちがえる料理店の拡散に大きな役割を果たしたと思われます。投稿直後から爆発的にリツイート&いいねされ、最終的に8万2千ツイートと16万ほどのいいねを得ました。

 

この工藤さんのツイートが投稿されたタイミングと、わたしの記事が出たタイミングは偶然にも6月4日、ほとんど同時でした。

 

そして内々のプレイベントとして企画された「注文をまちがえる料理店」は、その日までワードそのものが世の中に存在していなかった状態だったため、記事の公開直後から、Googleなど検索サイトで調べると1番に表示される状態でした。

 

推測ですが当日、次のようなサイクルが起きたのだと思います。

 

インフルエンサーのツイートにより、フォロワーの方が興味を持つ」

「しかしこの時点で、どんな内容かはわからない」

「グーグルなどで検索する」

「記事が表示される」

「内容を把握する」

「SNSに戻って、自分の知り合いに拡散する」

 

これ全く狙ったものではなく、単に偶然なのですが、奇跡のようなタイミングがぴったりはまったことで、バズにつながったのかなと。。。思っています。

なかなか狙ってできるものではないですが、「何」を「だれに」届けるかという視点だけではなく、「いつ」そして「だれと」届けるかという視点も大切になっていくなという学びをいただいた経験でした。

 

※ついでにですが、4-5月にダイエットをした顛末をブログ記事にしたらプチバズってラインニュースにのっちゃったりもしました。これもまた面白い経験。

www.huffingtonpost.jp

 

2)メディアの人間がヘルスケア・医療政策とどう関わるか

3月にはザルツブルグでヘルスケアデータの共有に関する国際セミナーに参加。10月には日本医療政策機構のグローバル専門家会合のラウンドテーブルに呼んでいただくなど「メディアの人間の立場から、ヘルスケアや医療政策にどう関わるか」について考えることの多い年でした。

 

f:id:mam1kawa:20171231115927j:plain

6月・ザルツブルググローバルセミナー

 

www.hgpi.org

f:id:mam1kawa:20171231115051j:plain

10月・グローバル専門家会合

 

ヘルスケアの分野と一言にいっても、当事者・医療者・企業関係者・行政関係者など本当に様々なステークホルダーが関わっています。そしてもちろん、ヘルスケアは誰にでも関係してくるものですから、病気を抱えていない人も含めたすべての国民がステークホルダーとも言えます。

 

さまざまな立場・リテラシーの人がいる中で、その間の情報がうまく伝わらずに、本当ならみんな同じ方向を目指しているのに、摩擦や衝突が起きることも有ります。

 

メディアの役割として、情報伝達をより円滑にいくよう「翻訳」して届けることで、ステークホルダー間の理解を深め、よりスムーズに課題解決が進むようにお役に立つ、というのもあるのではないか?と、改めて意識するようになりました。

 

そこから考えていくと、今後のメディアの人間は「自分はテレビの人間」「ネット人間」と垣根をつくるのではなく、この情報を「誰に」届けたいのか?を出発点として利用するメディア(テレビなのか?ネットなのか?書籍・講演なのか?)も、文体・演出も柔軟に考えていく必要があるということかもしれません。2018年は、より広い視野で今後の自分の仕事を考えていく1年にしたいと思っています。

 

 

3)医療健康情報の発信者コミュニティを作りたい

 「医療健康情報の発信者のコミュニティを作りたい!」ということで2016年に、勢いで作ってしまった団体。

おもにFBのグループページを中心に活動しているのですが、最初は数十人から始まったコミュニティ、この年末に500人を超えました。これもまた自分のなかでは大ニュース。2018年もイベントの開催のほか、医療健康情報の発信者に役立つ教材・リソース作りなんかも進めていければと思っております。

 

入会・退会すべて自由です。

もしご興味がある方がいらしたら下記のページから詳細をご覧ください。

mamoruichikawa.hatenablog.com

 

f:id:mam1kawa:20171231113715j:plain

2017年忘年会の様子

 

2018年も、何とぞ宜しくお願いいたします!!