医療の「翻訳家」を目指して

医療ジャーナリスト 市川衛です。医療・健康の難しい話を、もっとやさしく、もっと深く。

アラフォーが、20歳のころの体重に戻ろうキャンペーンをしてみた

f:id:mam1kawa:20170525202040j:plain

     4月1日のわたし      5月24日のわたし

 

突然ですが、この2か月ほどダイエットをしておりました。無事、目標の体重まで絞れましたのでその感動をどこかに記しておきたく、この記事を書いている次第です。

どーでも良い、と思われたでしょうか、日記みたいなものなのでご勘弁を・・・

 

わたし、今年で40になります。

 

まあ、だからというわけではないのですが、おなかも出てくるし顔は丸くなる。いちおう体重には気をつけてきたものの、毎朝体重計に乗って測ることもなくなっていました。自分の腹回りを触って、うすうす「増えてんだろうな…」とビクビクしていたわけです。

 

今から2か月前のこと。出張先のホテルで大浴場に入っていたとき、ふと浴場の鏡にうつった自分の裸が目に入りました。普段は鏡の前に自分をさらすとき、ついついシュッとしようと体に力を入れてしまうので良く見えていたのですが、思いがけず見えてしまった「本当の自分」は随分とだらしない感じになっていました。これはいかんなあ…。とちょっと悲しくなったわけですね。

 

とはいえダイエットしよう!と思っても、この年になると色々と忙しい。運動をする時間もないし、食事制限もストレスたまって難しいし・・・。とか思っていると踏ん切りがつかないわけです。

そんなこんなでウジウジしていたときに、ふと思いついた。

 

「40歳になる前に、20歳のころの自分の体重に戻ってみよう」

 

なりたいのは「ベストのころの自分」

自分的に、体調とか外見上とか、もろもろベストだったのは、たぶん20歳のころだろうと思っています。

それより太ったことも、やせたこともありますが、どちらも今から写真を見てみるとなんとなくイケてない。20歳のころの写真を見ると、しょせんは自分ですから限界はありますが、生まれ持った範囲内でなんだかキラキラしていたなと思うわけです。

 

およそ20年が経過したいま。そのころに時計を巻き戻せるはずはないけれど、せめて体重だけでも戻れたとしたら…

 

ワクワクするかも!!

 (40歳 → 20歳 でキリもいいし。)

 

急にやる気がわいてきました。

 

よくよく考えると、ダイエットは「体重」を落とすのが目的では「ない」ですよね。それは手段であって、「病気の予防」とか、「もっとイケてる自分」とか、叶えたい願いがあるからこそ、やせたいと思うわけです。

 

(自分的に)イケてたころに戻りたいというのは、その時代をいちどは経験したからこそ鮮烈にイメージできます。だからこそ、「何キロを目指そう」とか、「わたしの年代の平均体重は●●キロだから、そこまでは落とさなきゃ」っていう感じの数字を追うより、ワクワクできる動機になったのかもしれません。

 

仕事の忙しさが、むしろ助けになる

というわけで勝手にはじめたひとりダイエット。まず現在の自分を把握すべく、おそるおそる体重計に乗ってみますと・・・。(具体的な数値は控えますが)20歳のころと比べて、およそ6キロ増。当時の体重から、およそ10%増です。

 

あのころの肌の張りとかキラキラした目とかを措いておいて、だいたい自分の10分の1くらいの「何か」を抱えてしまっているわけですから、そりゃあ丸くもなるよな…。と思って愕然としたわけですが、とりあえず6キロ減を目指すことにしました。

 

とはいえ仕事も忙しく、色々やると長続きしないので、やったことは2つだけ

・食事を制限する(特に糖質)

・毎日体重を測る(記録はしない)

 

 朝ごはんはセブンイレブンの五目野菜をゆでたものと、サラダチキン。

 昼は社員食堂やコンビニで、サラダ。

夜ご飯はこれまでの2分の1程度に。

 

毎朝体重を測り、減っていれば「頑張ったね」と自分をほめ、増えていれば「やっぱまずかったか・・・」と反省する。その毎日を続けていきました。

 

書いていくと面倒そうですが、ルーチンにしてしまうと思ったほどのことでもなく、むしろ、「腹減った」を軽減してくれるのは仕事。仕事でトラブルなんてあると、空腹を感じているヒマもないですからね。

 

「20代のころの服」が着られた!!

そんなこんなで1か月ちょい。だいたい4キロほど減ったところで停滞期が訪れます。あんまり食っていないつもりなのに、なぜか減らない。

一番挫折の危険となるときですが、そんなときに、タンスの隅っこに肥しのようになっていた、20代のころのジーンズを見つけました。

あのころの収入から見たら分不相応だったお値段のダメージジーンズ。細身のジーンズをはいて、さっそうと外に出ていたなあ・・・。穿けなくなって随分経つけど、これってイケるもんですかね

 

f:id:mam1kawa:20170525222652j:plain

おそるおそる足を通してみると・・・。

 

おお、穿けるでないか

 

あのころの服が、着られるようになった!!

というのは、ぶっちゃけ嬉しいもんです。

そしてその服を着て外に出ると、そのころの気持ちに戻るというか、ついついちょっと長めに歩いてみたくなる。そういえばあのころ。目的地に着くのにわざわざ遠回りして、知らなかった場所や町の風景を見ることが嬉しかったなあ・・・。そんな気持ちが改めて湧き上がってきます。

 

(私だけかもしれませんが)人間ってもしかすると、けっこう単純なものなのかもしれません。その当時の服には、当時の思いや生活がしみついている。それに肌を触れることで、そのときの暮らしが自然と蘇ってくる・・・なんてという考えは、夢見がちすぎるでしょうか。

 

20歳の体重に戻った記念に、20代のころの服を着てみた

というわけでなんとかかんとかモチベーションを維持し続けることができた結果、今週、20歳のころの体重に到達。

それから4日間、リバウンドなく体重をキープしていますので、まあ当時の体重にもどったといっても良いのではないでしょうかと思いこの記事を書いています。

 

f:id:mam1kawa:20170525202040j:plain

 

こちらは冒頭にご紹介した、ダイエット前後の写真。

右側は、せっかくだから上から下まで20代のころの服装にしてみた結果です。

 

・・・、うーん、ぶっちゃけ無理ありますね。若作り感はんぱない。

でも、まあいいんです。自分的には満足。この2か月、ワクワクして過ごすことができました。

 

まとめでもないんですけど、とにかく、ダイエットってなかなか第一歩を踏み出しにくいですし、続けにくいものではないですか。

 

(わたしのように、「やせたいけどその一歩が踏み出せない」という人間にとってはということです。「簡単にダイエットできる」「別にダイエットしたくない」「そもそもする必要ないし」という人もいると思います。)

 

そんなとき、明確にイメージできる(&ワクワクできる)「何か」をきっかけにしてみるとうまくいくのかもしれない。

 

「50歳だから、25歳の体重に戻ろうとしてみた」

「30歳だから、さすがに15歳の体重はやりすぎなので、20歳の体重に戻ろうとしてみた」

 

どんなものでも良いと思います。

 

ダイエットに、「義務感」ではなく「ワクワク」を。

 

そういうふうな気持ちになれる方法がたくさんあれば、いまなかなか一歩を踏みきれない人たちが、ちょっと幸せな方向にがんばれるために必要な「一押し」になるのではないか。そんなことを思いついたのでこの記事を書きました。

すみません個人の体験で偉そうなことを申しまして。

 

自分はこうやってダイエットした!!もっとワクワクできる方法がある!というアドバイス、もしいただけましたらコメント欄に頂戴できれば幸甚です。